安く宿泊するには

ノルウェーのホステルやホテルのサイトを一部紹介します。

B&B Norway
http://www.bbnorway.com/?bb-in-oslo,40

VISIT OSLO
http://www.visitoslo.com/en/accommodation/

Norske Vandrerhjem
http://hihostels.no/en/hostel/oslo-hostel-holtekilen/



Oslo Youth Hostel Haraldsheimについてワーキングホリデーでノルウェーにきていた友人、ヒロに話を聞きました。
この話を聞いたのは2015年5月くらいなので宿泊費なども変わってる場合もあるかとは思いますが参考までに。



ユースホステルってどんな感じのところ?


ヒロ:バッパー(一時滞在者などが安い料金で泊まれる施設のこと)で最初に2.3日だけ予約していたユースホステルがあって、そこが意外と居心地がよくてそのまま3週間くらいステイしてた。

そのバッパーがBBスタイルだから、寝泊りとブレックファーストのビュッフェが付いてるスタイルで市内ではないんだけどSinsenってとこ。たしか1日220~230kr位だったかな。ユースホステル会員になってると230くらい。もしインターネットで、インターナショナルユースホステルカードの会員にならなかったら2~30kr高くなる。レセプションも24時間開いてるしその場で会員になれるし、スタッフも皆優しくしてくれるし、ごはんもビュッフェスタイルだからAM9時半までは何回食べてもOKだった。でも朝だけだから、もし昼も食べたいんだったらまた払わなきゃいけないんだけど。俺が行ったのは5月くらい。3週間位したら、違う国のスチューデントはホリデーに入るからそのホテルに凄い数の生徒が泊まりに来る。だからずっと泊まることが難しいのかもしれないけど(時期によって)、俺は、時期的なものだと思うけど、3週間くらいなんとか泊まれた。部屋を移動したりしながら。

一応事前にあと1週間位延ばしたいんだけどって言ったりして、そしたら空いてるか見てくれて、ここまでは何とかいけるけどこの後が分からないから、とかその最後の日が来る前までにまた一回聞いてくださいと言われたりでなんとか3週間くらいは居れた。

延長した期間については前払いだった。最初聞いたときは3日間がMAXと言われた。夏のピーク期間は3日間くらいじゃないと…って言われてた。とにかくここだけ安い。アンカーホステルもあるけどあそこははビュッフェスタイルじゃない。

※ホステルはドミトリースタイルで一つの部屋に二段ベッドがいくつかあって泊まるスタイル。